アグネスのニキビ治療は、他の治療法とどんな違いがあるの?

アグネス治療法は、皮脂腺に潜むアグネス菌を消滅させ、皮脂腺そのものもなくしてしまう最新の療法。

再発しない理由などお話ししましょう。

◎皮脂腺の除去で再発の心配なし。

アグネスのニキビ治療は、従来行なわれてきたレーザー療法や剥離、スケーリングなどとはまったく異なるものです。

単純に言ってしまうと、ニキビの元となる皮脂や皮脂腺を除去してしまうものです。

既存のニキビ治療では、施術と同時に飲み薬なども処方されていましたが、アグネス治療法では、飲み薬や付け薬は一切ありません。

最大の特徴は、皮脂腺を除去してしまうので再発自体がないことです。

◎重症化したニキビでも消滅は可能。

一度治療を終えると、そこからニキビが出来ることはありません。

再発がないので、顔中に出来てしまったニキビでも炎症系の重症化したニキビでも、治療回数を重ねていけばすべて消滅します。

ごく希に「皮脂腺を除去してしまって大丈夫なのか」と心配する人もいますが、顔には約20万の皮脂腺があるので、顔中のニキビを生み出している皮脂腺を全滅させてもまったく問題ありません。

◎従来のニキビ治療法であるレーザー療法は、言ってしまえば対処療法のようなもの。

表面的にニキビは改善しても再発は免れません。

レーザー療法は表皮の奥深くまでといっても、皮脂腺そのものを除去するわけではないので、いずれは再発してしまいます。

スケーリングや剥離は周囲の肌を傷つけてしまうという欠点もあります。

炎症系の重症化したニキビでも、アグネス治療法であれば無理なく完治させていけます。